執筆要項

Written By: admin

執筆要項

本誌には、論文,研究レポート,実践レポート,論考,特別寄稿,書評,海外動向,学会動向,欧文要約の各欄を、必要に応じて設ける。各欄の条件は下記の通り。

1.論文,実践レポート,論考の分量は次のとおりにする.分量計算は全て文字数を単位とする。
1).論文は,8,000字以上20,000字以内とする。
2).研究レポート,実践レポートは,12,000字以内とする。
3).論考は,10,000字以内とする。

2.特別寄稿,書評,海外動向,学会動向欄は依頼原稿のため、分量については編集委員会が依頼時に適当と定める分量とする。

3.掲載されるすべての文章には,本文 (図表等を含む) のほか,表題紙,邦文要約,欧文要約,およびキーワードを添付すること。
1).表題紙には,題名の全文,著者名,所属のみを記す。
2).邦文要約は,600字以内のものを本文の前に添付する。
3).欧文要約は,論文は300語以内,実践レポートは200語以内とする。
4).キーワードは,邦語・欧語各3語にて邦文要約・欧文要約の後に各々記載する。
5).本文には,見出し,小見出し,注,文献リスト,図表までを含めるとし,これらを合計した文字数が前条の分量におさまらくてはならない.表題紙,邦文要約,欧文要約,およびキーワードに使用された文字数については,この制限外とする。

※欧文要約は執筆者の責任でネイティブチェックを行うものとする。
 翻訳業者に頼む場合の費用は執筆者負担とする。
 参考) Text http://www.text-edit.com/
     Forte https://www.forte-science.co.jp/
     enago http://www.enago.jp/
     edanz http://www.edanzediting.co.jp/

4.原稿の書式は以下のとおりである。
原稿はA4判の用紙を使って,40字×40行で印字する。
注と文献リストを別にする.参照文献の本文,注等における挙示は,著者名(発行年: ページ数),または,(著者名 発行年: ページ数) とする
参照文献は,著者名,発行年,題名,出版社の順に記述すること.欧文の書名はイタリック体にするか,または下線を引くこと。

5.注は,本文中の該当箇所の右肩に上付き文字で順に1)と番号をうち,注自体は本文の後にまとめて掲載する。

6.図表は順に番号をうち,本文中に挿入箇所を指示すること.著作権者の了解を得ることなく,他者の図版を転用してはならない。

付記
投稿およびその他の通信は,
〒142-0041 東京都品川区戸越5-4-3 アズ品川4階 ビズナレッジ株式会社内
一般社団法人日本支援対話学会「支援対話研究」編集委員会宛
にお願いいたします。

*メールでの送付の場合、 info@adsoj.org までお送りください。

2012年5月1日制定、2014年8月23日改訂